飲むチーズケーキ?スイーツドリンクが新トレンド新感覚

飲むチーズケーキ?スイーツドリンクが新トレンド新感覚

2018年頃のバスクチーズケーキブームで新たなスタイルが注目されるようになったチーズケーキ。ここ最近はさらに進化を遂げ、食べるから飲むスタイルが話題です。そんな飲むチーズケーキの実態、人気の秘密、スイーツ界のトレンドの兆しについて探っていきます。

飲むチーズケーキとは

飲むチーズケーキとは、チーズケーキ味のスイーツドリンクのことです。

以前からあるフォークやスプーンでカットして食べる一般的な固形のチーズケーキではなく、ストローなどで飲む液状タイプで、まさに進化系チーズケーキとも言えます。

シェイクやスムージーのようにとろみのあるシャーベット状のものや、ごくごく飲めてしまう完全な液体タイプのものなどがあります。

ヒットの背景にチーズケーキブーム?

特にこの2~3年は、チーズケーキが大きなブームになっていますが、そのきっかけとなったのが、2018年に流行したスペインのバスク地方発祥の「バスクチーズケーキ」です。
香ばしさとなめらかな食感が話題となり、女性たちの人気を集めました。

そして、昨年からのコロナ禍以降は、おうち時間のちょっとした贅沢やお取り寄せ需要の高まりを受け、チーズケーキはさらに人気のスイーツに。

冷凍しても味が変わりにくく、配送しても形やデコレーションが崩れにくい。また、スイーツ専門店でなくてもチーズは身近な食材として扱いやすいといった理由から、多くの飲食店が新たなチーズケーキスイーツを開発して販売するようになりました。
コロナ禍が追い風に?「チーズケーキ」ブームの理由

毎週数量限定、オンライン販売(お取り寄せ)のみで、幻のチーズケーキともいわれる「ミスターチーズケーキ」などの人気専門店も登場し、まさに「お取り寄せチーズケーキブーム」です。さらに今年は、四角いテリーヌ型で焼き上た濃厚さが特徴の「チーズテリーヌ」もじわじわと人気が高まっています。

タピオカの次はこれ?
飲むチーズケーキがじわじわとブームに

飲むチーズケーキは、2020年頃からタピオカに続く新たなスイーツドリンクブームのひとつとして注目されています。まるでチーズケーキを食べているかのような味わいなのにドリンク!という新感覚スイーツの話題性もあって、農林水産省の「2021年流行スイーツ予想」でも取り上げられています。


LINEリサーチによる、高校生が考える「今後流行しそうな​食べものや飲みもの」調査でも、第2位に飲むチーズケーキがランクイン。各店舗でいろいろなアレンジで見た目もかわいく、SNS映えするというのも若者が注目する理由ではないでしょうか。
高校生がこれから流行しそうだと思う食べもの・飲みもの

また「手軽さ」も魅力のひとつ。これまでのケーキの常識は、お皿に乗せて座ってテーブルで食べるもの、やはり場所や時間が限られます。ドリンクであれば、いつでもどこでも、好きなときに飲むことができます。仕事の休憩中や買い物のついでに、ちょこっと飲んで気軽にスイーツが味わえるという手軽さも、忙しい現代人にはうれしいポイントです。

営業時間の短縮や酒類提供禁止や自粛など、いまだ飲食店は厳しい制限を求められています。より一層、デリバリーやテイクアウト需要は増えていく中で、デザートもテイクアウトしやすい飲めるデザートへと進化を遂げているのだと言えます。

飲むチーズケーキが味わえるお店

ここで、昨今話題になっている飲むチーズケーキのお店のいくつかを紹介します。


【CheeseTable】

チーズ料理専門店「CheeseTable」が2019年の春に新登場した「飲めるチーズケーキ」は、発売以来大人気の商品。はちみつとマスカルポーネチーズのほのかな甘みが感じられる定番人気フレーバーの「ハニーマスカル」の他、2021年の春には、和菓子の大福を使った季節限定のフレーバーも登場して話題になっています。写真映えする見た目は、さすがカフェならでは。
http://www.sld-inc.com/cheesetable_shinjyuku.html


【NOMU CHEE】

チーズ専門レストラン「DAIGOMI」のチーズプロフェッショナルが監修した飲めるチーズケーキ。パッケージデザインに「GOKU GOKU CHEESE CAKE」とある通り、いつでもどこでも簡単にゴクゴク飲めるがコンセプトです。
https://nomuchee.com/


【PABLO(パブロ)】

チーズタルト専門店PABLOが発売したのは、飲むチーズケーキならぬ「パブロスムージー 飲むチーズタルト」。クリームチーズ入りホイップクリームとアプリコットソース、タルト生地を混ぜて飲むスイーツドリンクです。
https://www.pablo3.com/menu/detail/?seq=84


【ウメダチーズラボ】

飲むチーズケーキブームの火付け役ともいわれているのが「ウメダチーズラボ」。「新感覚チーズスイーツ」を提供するチーズスイーツ専門店で、2018年、大阪・梅田の大丸百貨店にオープンしました。フレッシュチーズの食感が楽しめる「飲めるチーズケーキ」は季節ごとに期間限定メニューも発売されており、チーズ好きに好評です。
http://r.goope.jp/umedacheeselabo/menu

コンビニやスーパー、ECサイトでも
飲むチーズケーキが身近に

上記のようなチーズ料理店、チーズケーキ専門店だけでなく、コンビニやスーパー、通販などでも、チーズケーキドリンクを見かけるようになっています。より手軽で身近に買える飲むチーズケーキのいくつかを紹介します。


■キッコーマン チーズケーキ味の豆乳
豆乳といえば人気のブランド「キッコーマン豆乳」は、定番の豆乳に加え、フルーツ系豆乳やスイーツ系豆乳などオリジナリティあふれる豊富なラインナップが揃っています。その中のひとつが「豆乳飲料 チーズケーキ」。粉ゼラチンで固めてプリンのように食べるというアレンジレシピも。


10261_image01.jpg


■ビーレジェンドプロテイン「パブロチーズタルト風味」
プロテインの常識にとらわれず、高品質高クオリティのプロテインを開発販売している「ビーレジェンドプロテイン」が、先述で紹介した「焼きたてチーズタルト専門店パブロ(PABLO)」とコラボ開発したスイーツプロテイン。パブロのチーズタルトに限りなく近い味を再現したパウダータイプ。甘いものを控えているボディメイク中の人でも、罪悪感なく食べられる「ギルトフリースイーツドリンク」と言えるのではないでしょうか?


10261_image02.jpg

飲むチーズケーキは自宅でも作れる?
クックパッドレシピ

レモンあまざけで作る“飲むチーズケーキ” by 宝来屋本店
https://cookpad.com/recipe/6811190
10261_レモンあまざけで作る飲むチーズケーキ.jpg
レモンあまざけとクリームチーズでで作った新しいチーズーケーキドリンク。
発酵食品同士、相性はぴったりです。


ひんやり♥チーズケーキシェイクカフェオレ by ♪♪maron♪♪さん
https://cookpad.com/recipe/3923679
10261_ひんやりチーズケーキシェイクカフェオレ.jpg
インスタントコーヒーを使った簡単レシピ。
まるでカフェで出てくるような本格的なチーズケーキドリンクです。

「飲むスイーツ、デザート」は
スイーツ界のニューノーマルへ

チーズケーキはスイーツとしても大定番。そもそもチーズは根強いファンが多い食品です。チーズケーキブームに続き、飲むチーズケーキも間違いなくチーズスイーツのカテゴリーとして確固たる地位を確立していくのではないでしょうか。今後も、InstagramやTikTokなどSNS映えも意識した、これまでにない新しいテイストが増えていくことが予想されます。

「飲むスイーツ、デザート」=スイーツドリンクは、コンビニなどでも提供しやすく、メニューのオリジナリティが出しやすい商品です。また、何かをしながらでも飲めるというインスタントさは、やはり生活者に好まれやすい大きなポイント。学生からビジネスパーソンまで、生活や食事のスタイルが異なるどんな世代にとっても「スイーツを自分の食べたいときに食べられる」のは好都合です。

密になりがちな店内ではなく、テイクアウトで屋外でも楽しめるというところも、昨今の時代やニーズに合っているのかもしれません。

チーズケーキに限らず、飲むわらび餅、飲むプリン、飲む杏仁豆腐など、「飲むスイーツ」が続々と誕生しています。スイーツやデザートも食べる時代から飲む時代へ。スイーツ界のニューノーマルなスタイルから目が離せません。



writing support:Miyuki Yajima



この記事が気に入ったらフォロー

ニュースレター登録で最新情報をお届けします!





著者情報

著者アイコン
FoodClip
「食マーケティングの解像度をあげる」をコンセプトに、市場の動向やトレンドを発信する専門メディア。月1-2回配信されるスロー・ニュースレターにぜひご登録ください。