マヌルパンが話題?韓国屋台グルメの進化系ガーリックパン

マヌルパンが話題?韓国屋台グルメの進化系ガーリックパン

韓国の屋台グルメで大人気のマヌルパン。たっぷりのガーリックバターとクリームチーズをはさんだ高カロリーながらクセになる味わいから、「罪悪感がすごい!」と日本でもSNSを中心に話題に。これからトレンドになりそうな注目の存在です。マヌルパンの全貌を探っていきます。

マヌルパンとは

10919_image01.jpg

マヌルパンとは、韓国の人気屋台グルメになっている進化系ガーリックパンのこと。マヌル(마늘)とは韓国語でニンニクという意味で、直訳すると「ニンニクパン」です。

いわゆるガーリックトーストとは少し違っていて、たっぷりのガーリックバターを染み込ませたパンに、砂糖やはちみつで甘みを加えたクリームチーズを挟んでいるのが特徴です。甘じょっぱさと食欲を刺激するガーリックの風味で一度食べたら病みつきになってしまう味わい。SNSを中心に話題になっており、トレンドを予感させる大注目の韓国発グルメです。

ガーリックたっぷり!
罪悪感がすごいと話題に

マヌルパンは、韓国の屋台グルメで行列ができるほどの人気メニューです。パンにたっぷりしみこんだガーリックバター、クリームチーズと、刺激もカロリーもたっぷり。食べると「罪悪感がすごい」という点でも話題になっています。ギルトフリーなグルメへの関心が高まる中、思いきり真逆をいくところも注目のポイント。

日本では、「俺のBakery」とグルメインフルエンサーのウルフさんがコラボして、韓国のマヌルパンを再現した「俺の罪悪パン」が5月15日から期間限定発売され話題に。店頭では2週間で10,000個販売、ECサイトでも11分で完売するほどの人気になりました。

「俺の罪悪パン」というネーミングの由来は、高カロリーさと、食欲をそそる香りに、良くも悪くも食べたあとに罪悪感が残るということからだそう。

今年開催されたパン好きのためのイベントでもグランプリを受賞しました。

マヌルパンはどこで食べられる?

10919_image02.jpg


マヌルパンを発売するベーカリーやカフェも少しずつ増え、じわじわと人気が広がっています。マヌルパンが食べられるお店をいくつかご紹介します。


■「俺のBakery」の期間限定ショップ
実店舗での再販リクエストが多数あったことから、SHIBUYA109渋谷店に期間限定ショップとして出店。限定の新商品「漆黒の罪悪パン」も登場しました。黒こしょうと隠し味の黒ニンニクで深い旨味と風味をプラスした、甘さ控えめな商品です。(出店期間は8月29日(日)まで)
https://www.oreno.co.jp/sp/bakery/


■下町の人気パン屋さんでも発売中「オットポン」
墨田区にある下町の人気ベーカリーオットポン。定番から月替わりの新商品まで、常時70種類ほどのパンを揃えており、マヌルパンもラインナップに加わっています。イートインスペースも常設しているので、その場で食べられます。
▶︎https://www.haut-pont.com/


■三重県・愛知県で展開する「513BAKERY」
三重県・愛知県で11店舗を展開する513BAKERYでは、夏の人気パンフェアでマヌルパンが初登場。食欲をそそる香りがただよう究極のガーリックパンです。
▶︎http://www.513bakery.jp/

クックパッドでも検索頻度が伸長

10919_image03.jpg

クックパッドでも、マヌルパンの検索が2020年以降、急上昇。本場韓国に行けない今だからこそ、自分で作りたい、味を再現してみたいというニーズが増えていると考えられます。

おうちで再現!マヌルパンレシピ

人気上昇中のマヌルパンを再現できる、クックパッドおすすめレシピをご紹介します。

マヌルパン(にんにくパン) by mikko6さん
https://cookpad.com/recipe/6877435
10919_マヌルパン(にんにくパン).jpg
パンそのものから作る本格的かつ
「これぞマヌルパン!」な王道レシピです。


マヌルパン by QBBチーズ業務用
https://cookpad.com/recipe/6868837
10919_マヌルパン.jpg
買ってきた丸パンに、中身を作ってトッピングするだけ。
手軽にマヌルパンができるレシピです。


韓国発!マヌルパン★黒こしょうアレンジ bykaana57さん
https://cookpad.com/recipe/6880537
10919_韓国発マヌルパン黒こしょうアレンジ.jpg
こちらもパン生地から作る本格レシピ。
黒こしょうのアクセントがクセになる味わいです。

韓国グルメ×パンブームの相乗効果が
今後の追い風に?

ここ数年続く日本でのパンブームと韓国グルメブーム。2つのブームに後押しされる形で、マヌルパンにも注目が集まっていると考えられます。

食欲を刺激するガーリックバターと、やみつきになる甘じょっぱいクリームチーズの味わい。ちょっぴり罪悪感がありながらも、至福のご褒美グルメとして生活者にウケています。高カロリー過ぎるがゆえにSNSでシェアしたくなるというのも、人気が広まっているポイントのひとつです。

また、コロナ禍での生活者の食への意識変化により、お店の味を自宅で再現しようと試みる生活者も増えています。家庭でパン作りを始める人も増え、ホームベーカリーの売れ行きも好調。こうした傾向から、外食、内食問わず、マヌルパンの人気はさらに高まっていく予感です。



writing support:Miyuki Yajima



この記事が気に入ったらフォロー

ニュースレター登録で最新情報をお届けします!





著者プロフィール

著者アイコン
FoodClip
「食マーケティングの解像度をあげる」をコンセプトに、市場の動向やトレンドを発信する専門メディア。月1-2回配信されるスロー・ニュースレターにぜひご登録ください。