<成功事例>ヘルスケア市場×食で商品価値を伝えるには?

<成功事例>ヘルスケア市場×食で商品価値を伝えるには?

拡大するヘルスケア市場で商品価値を正しく伝え、売上につなげるには?

ヘルスケア市場は、大きな伸長が期待される注目の市場の1つ。

なかでも食の領域は消費者の健康意識の高まりを背景に大きな拡大が予測されており、2018年の経済産業省の試算では、2025年に約4兆1,600億円規模になるとされています。

そうした流れの中で、健康志向・機能性を特徴とした商品は年々増加しており、競合商品のなかで「健康にいい商品だから」、「トクホ、機能性表示だから」ということが差別化に直結しなくなってきていると言えます。

それでは、どのような情報を発信することで商品価値を効果的に伝え、消費者に適切なコミュニケーションを行うことができるのか。
健康意識の高い消費者とのアプローチで重要なのは、如何に説得力のある・信頼のおける効果効能などの「機能性」を伝えていくかにあります。

そのための手法として、「医師による評価・推奨」が今マーケティング手法として注目されています。

詳しい資料をダウンロード

ヘルスケア市場の現状と今後の予測についての詳しいレポートや、
「医師による評価」を活用して商品の1.3倍の売上向上を実現したサラヤ株式会社の成功事例をご紹介した資料(全7ページ)を、下記より無料でDL可能です。

是非ご覧いただき、業務にお役立てください。


※DL資料より抜粋※

874431eaf952f56bae4c2b37fe4c807e.png


[提供:エムスリー株式会社]



この記事が気に入ったらフォロー

ニュースレター登録で最新情報をお届けします!





著者情報

著者アイコン
FoodClip
「食マーケティングの解像度をあげる」をコンセプトに、市場の動向やトレンドを発信する専門メディア。月1-2回配信されるスロー・ニュースレターにぜひご登録ください。