植物性代替肉市場が2027年に123億ドル超と予測。製品の革新とMD戦略が成長を加速

植物性代替肉市場が2027年に123億ドル超と予測。製品の革新とMD戦略が成長を加速

グローバルインフォメーションが植物性代替肉市場に関する調査レポートの販売をスタート。植物性代替肉の市場規模が2027年には123億2,000万ドルとなり、市場成長には製品のイノベーションとマーチャンダイジング戦略の増加が予想されると発表しました。

参考:「植物性代替肉の世界市場:原料別、タイプ別、製品別、地域別見通し、産業分析レポートおよび予測(2021年~2027年)」(KBV Research)

幅広い選択肢も人気の一因
製品の進化とMD戦略が市場成長に拍車

植物性代替肉とは、非動物性製品から作られた肉の代替品のことです。動物性の食品を摂取したくない生活者のために、肉に替わる選択肢として提供されています。

その多くは、大豆やグルテンを原料としていて、熱可塑性押出成形と繊維紡糸という2つの方法によって加工されています。熱可塑性押出成形は、植物性代替肉を加工するためにメーカーが採用する一般的な方法であり、大規模生産に対応できる費用対効果の高い方法です。一方で繊維紡績法は、低コストで作るという考えとは相反する、製造コストがかかる方法です。

製造方法の進化によって、鶏肉、牛肉、豚肉、魚介類などの動物性たんぱく質に近い製品が実現可能に。幅広い味わいの植物性代替肉を食べられることが、世界中の生活者から人気が高まった一因といえるでしょう。今後もさらに、製品の革新的な進化とマーチャンダイジング戦略の発展が、市場の成長に拍車をかけ、2027年には市場規模が123億2,000万ドルとなると予想されています。

関連記事:広がる脱ミート、植物由来食品のスタートアップに注目

健康志向の高まりで、さらに需要増

近年は、糖尿病や肥満などを予防する観点から、低カロリー・高タンパク質の食品に対する需要が急増。この傾向は今後も続くと考えられ、植物性代替肉の成長を加速させると考えられます。

健康以外の訴求にも期待

日本でも少しずつ、動物性タンパク質不使用の商品やメニューを扱う店が増加。植物性食品を使用したジャンクフードを提供する「2foods」のように、健康以外の新しい切り口も増えています。商品の多様化により、健康志向以外の層にも届く訴求が生まれ、さらなる市場拡大が期待されます。

関連記事:健康と食欲を両立。2foodsの植物性ジャンクフード



この記事が気に入ったらフォロー

ニュースレター登録で最新情報をお届けします!





著者情報

著者アイコン
FoodClip
「食マーケティングの解像度をあげる」をコンセプトに、市場の動向やトレンドを発信する専門メディア。
月1-2回配信されるスロー・ニュースレターにぜひご登録ください。 
twitter :https://twitter.com/foodclip