外食・中食・内食のシェア争奪が激化。外食は前倒し営業や生鮮品の販売などに活路

外食・中食・内食のシェア争奪が激化。外食は前倒し営業や生鮮品の販売などに活路

CCCマーケティング株式会社は、2022年1月の「産業動向レポート」を発表。レポートでは、外食・中食・内食のシェア争奪が激化すると予想しました。好調な動きのテイクアウトや中食ジャンルは、“内食疲れ”の傾向から今後の動向が注目されます。また外食ジャンルでは、前倒し営業や生鮮品の販売などに活路を見出す動きが見られます。
                   https://www.cccmk.co.jp/thinktanks/industry-12

テイクアウト・中食は好調も、
徐々に“内食疲れ”傾向

「産業動向レポート」および「産業天気予報」は、家計簿アプリ「レシーカ」のユーザーデータとCCCマーケティング総研の研究員による企業への調査を組み合わせ、小売7業界における生活者動向と見通しを独自調査したレポートです。

オミクロン株の拡大によって、利用客数にブレーキがかかる小売業態が多い中、テイクアウトや中食ジャンルは好調な動きを示しています。長引く巣籠もり需要により、好調に推移してきた内食市場ですが、徐々に“内食疲れ”の傾向も見られ、今後の動きが注目されます。生鮮三品については、消費好調だった肉類の価格上昇がブレーキ要因となり、利用の減速傾向が拡大。中食・内食のシェア争いに影響を及ぼしてきそうな気配があります。

外食はゆるやかに客数回復の兆し、
モーニングなど“前倒し営業”に活路

外食は、ゆるやかではあるものの客数回復の兆しが出ています。特に朝食の時間帯は、営業している業態のほぼすべてで、ゆるやかながら客数が増加傾向にあります。モーニング提供時間を10時から11時に延長、モーニングメニューの選択数を増やすなど、企業の地道な努力が利用層に理解されてきたことが、結果につながっていると見られます。また、モーニング需要の取り込みが弱かった業態で、「朝ラー」、「朝カツ」といったモーニング営業により、集客につなげているところが目立ち、市場の変化が感じられます。都心部の一部では、ディナー需要での営業が中心である居酒屋業態にも、おにぎり、汁物を組み合わせた朝食販売をおこなう企業が出現。さらなる市場の変化を予感させます。

ディナー時間帯については、依然として不安定な状況が予測されます。外食市場においては売り上げ増に向けて、モーニング需要やランチ需要など、「時間を前倒しして売り上げを作るという視点」が必要かもしれません。

外食における生鮮三品の販売に注目。
三方良しの取り組みに

営業時間帯のシフトは今後もさらに進む可能性が高いですが、さらなる売上拡大の動きとして注目されるのが、外食店における生鮮三品の販売です。長びく外食店の不振は、業務用卸の業績にも大きな影響をおよぼしています。

外食店向けの生鮮商材は、スーパーなどへシフトする動きも見られますが、価格や販売個数などの関係から、すべての商材が他業態にシフトできるわけではありません。こうした中、一部の外食店では生鮮三品を販売する動きが見られます。外食店によってはテイクアウトでのバリューが創出しにくく、食材を販売する方が容易なケースもあります。また、卸先との関係維持のためにも一定の取引を維持するメリットもあり、注目される動きです。ユーザーにとっては、なじみの店で販売される生鮮品は、商品クオリティの信頼性とともに、外食店の支援という側面も。ポジティブな意見が多く寄せられているようです。

業務用卸、ユーザー、外食店の“三方良し”となるこうした取り組みは、外食店がコロナ禍を乗り切るための知恵として生まれた試みですが、店舗内に専用販売ブースが設けられるなど、拡大の兆しも見られます。中食ではなく、一足飛びに「内食需要の取り込み」を図る外食店の新たな動き。外食・中食・内食のシェア争奪が激化する中で、他業態の複合化進展にも影響を及ぼす可能性があり、要注目です。



この記事が気に入ったらフォロー

ニュースレター登録で最新情報をお届けします!





著者情報

著者アイコン
FoodClip
「食マーケティングの解像度をあげる」をコンセプトに、市場の動向やトレンドを発信する専門メディア。
月1-2回配信されるスロー・ニュースレターにぜひご登録ください。 
twitter :https://twitter.com/foodclip