ポプラ、1坪から設置できるセルフ無人店「スマートセルフ」展開開始

ポプラ、1坪から設置できるセルフ無人店「スマートセルフ」展開開始

コンビニ事業を手掛けるポプラ(広島市)は3月2日、セルフ決済型の超小型無人店舗「スマートセルフ」の展開を開始したと発表した。ポプラ広島平野町店を中心に半径10キロメートル圏内から開始し、順次拡大していく。
       ※この記事はITmedia ビジネスオンライン([カワブチカズキ/2022年03月04日掲載)からの転載記事です。

13597_image01.jpg

ポプラがスマートセルフを展開していく (出所:プレスリリース、以下同)

スマートセルフは、工事することなく1坪から設置が可能で、オフィスや工場、学校や病院など、より身近な場所に設置できるとしている。24時間の利用が可能で、導入費用はかからず電気代のみの負担で設置できるようにした。

取り扱い商品は、設置場所の規模にあわせて「おむすび」「弁当」「冷蔵品」「冷凍品」に対応する。コンビニの商品からニーズにあったものをそろえるとしている。

13597_image02.jpg

設置場所の規模とニーズに合わせた商品ラインアップが可能

支払い方法は、現金以外にクレジットカード、バーコード、交通系IC、電子マネーの決済にも対応。楽天ポイントとdポイントも付与できるようにした。

13597_image03.jpg

あらゆる決済手段にも対応

元記事はこちらから(「ITmedia ビジネスオンライン」に遷移します)



この記事が気に入ったらフォロー

ニュースレター登録で最新情報をお届けします!





著者情報

著者アイコン
ITmedia ビジネスオンライン
「ITmedia ビジネスオンライン」は、企業ビジネスの最新動向、先進事例を伝えることで、その発展を後押しする、オンラインビジネス誌です。「ニュースを考える、ビジネスモデルを知る」をコンセプトとし、各業界を代表する有力企業から新たなビジネスを提案する新興企業まで、多くの企業への取材を通して、その最新動向や戦略を紐解き、企業の現場で活躍するアクションリーダーに分かりやすく伝えます。