ファンベース・マーケティングとは? 導入メリットや重要性を詳しく解説

ファンベース・マーケティングとは? 導入メリットや重要性を詳しく解説

生活者の好みが多様化し、これまでのような一方通行の訴求では、顧客の心をつかみ購入意欲を高めることが難しくなっています。そうした中で、商品やサービスの熱狂的なファンを育み、顧客との関係性を深める「ファンベース・マーケティング」に注目が集まっています。ファンベース・マーケティングの基本的な考え方と、顧客との関係構築に欠かせない「ファンコミュニティ」について解説します。


今、注目のファンベース・マーケティングとは

ファンベース・マーケティングとは、企業や商品・サービスのファンとの密なコミュニケーションを通じ、ブランドロイヤルティ(=愛着)を育み、中長期的な売上の拡大を図るマーケティング手法です。

「ファン」の定義は色々ありますが、ここでは 「その商品のことが何となく好き、自分に合うと感じて、何回も購入してくれる”常連さん”」をイメージください。

インターネットやSNSの普及によって、商品に関するさまざまな情報を得られるようになった昨今、生活者の好みが多様化。既存のマスメディアなどを通じた一方向の訴求のみでは、顧客の心をつかみ、購入意欲を高めることが難しくなっています。

日常生活でSNSを使うことが当たり前になった近年は、クチコミによる宣伝効果や売上増を期待する企業も多いのではないでしょうか。

そうした中で、ファンとの密接な関係性を育む 「ファンベース・マーケティング」に注目が集まっています。

ブランドを支える熱狂的なファン、4つの特性

特に熱量が高いファンは、企業や商品・サービスに対して非常に好意的であり、下記のような特性を持っています。

特性1. 売上の大半を支え、伸ばしてくれる
特性2. 購入意欲が長く続き、他社商品へのブランドスイッチが起こりにくい
特性3. 周囲にポジティブなクチコミを広めてくれる
特性4. 独自の視点から、商品・サービスの改善案を教えてくれる

このように、熱狂的なファンと出会い、ブランドや商品・サービスへの信頼や愛着、いわゆるロイヤルティを育み高めることは、結果的に事業の持続的な成長に繋がります。さらに、顧客のライフタイムバリュー(LTV)向上も可能になるのです。

ファンベース・マーケティングに欠かせない
企業とファンとの交流の場、ファンコミュニティとは

ファンとの密接なコミュニケーションを通してロイヤルティを育む際、リアル・オンラインに関わらず全ての接点が大切になります。ここで大きな役割を果たすのが、企業・ファンの交流の場である「ファンコミュニティ」です。

ポイントは双方向性。企業が一方的に情報を発信するだけではなく、ファンからも情報発信できることが、ファンコミュニティの特徴です。

ここ数年、独自のファン・コミュニティサイトを運営する企業も増えてきています。とはいえ、自社でサイト構築から運用までを担うのは難しいという企業も多いのではないでしょうか。

また「既にSNSでフォロワーがおり、ファンと交流しているよ」という企業も多いでしょう。ファンベース・マーケティングにおいて、SNSは非常に有効なツールとなりますが、下記のような悩みもよく聞こえてきます。


企業のSNS運用でよくあるお悩み

✔︎フォロワー獲得キャンペーンを通じて、フォロワー数は増えたもののその先に何があるのかが不明瞭

✔︎企業からの発信がしっかりフォロワーに届いているか、ロイヤルティが高まっているのかが見えにくい(発信がスルーされていないか)

✔︎バズった事はあるけど、一過性で、その後に何も残らなかった

✔︎企業、商品の想いや価値、こだわりなど、こちらが伝えたいことが届いているのかわからない

etc...

SNSを始めたものの、結果的には運営の手応えを感じられていないケースも多いのではないでしょうか。

企業のファンベース・マーケティングをクックパッドがサポート。
「メーカーズタウン」でファンコミュニティ育成

SNSにおいて企業が抱える課題感や、ファンベース・マーケティングの重要性から、クックパッドでは、企業の皆さまのファン育成をサポートすべく新たなソリューションを本格スタートします。

サービス名は「メーカーズタウン」。
食関連メーカーと生活者を繋ぐ、ファンコミュニティです。

メーカーズタウンでは、メーカーの商品にかける想いや価値を生活者に伝え、双方向コミュニケーションの場を提供。生活者へは、新たな商品との出会いを促し、料理における選択肢を増やすことで、当社のビジョンである「毎日の料理を楽しみにする」を後押しします。クックパッドユーザーは、食への関心が高いため、食領域におけるファン育成やロイヤルティ向上には、非常に相性の良いプラットフォームです。

13631_image01_1.jpg


メーカーズタウン実装機能

※今年7月に正式ローンチ予定

1. 新商品情報、商品を使用したレシピ、開発ストーリー、クチコミなどの発信
2. ECサイト、SNSのリンクを集約・発信
3. コメントのやりとり等を通じた生活者とのコミュニケーション
4. ファン機能を使った、サンプリング、アイデアファンディング (※1)などの参加型施策
5. ファン限定イベントの開催(開催告知・集客)

※1 ファンからの商品開発やキャンペーン等のさまざまな企業活動に活かせるアイデアを募集する仕組み

13631_image02.jpg

メーカーズタウンの特徴・強み

■日本最大のレシピサービス「クックパッド」との連携で、自社商品を使ったレシピを月間約5,600万のクックパッドユーザーに発信できる
■自社EC、生鮮食品EC「クックパッドマート」をはじめとしたECプラットフォームとの連携で、実売につなげる
■各プラットフォームからの流入、相乗効果によって、自社の魅力を多くの生活者に知ってもらう


生活者の活用メリット

■商品の活用法やメーカーのモノ作りへの姿勢、魅力をより深く知ることができる
■これまで市場にあまり出回らなかった、全国各地の良質な商品に出会える
■メーカーが実施するサンプリングやアイデアファンディング、ファン限定イベントなどに参加できる

メーカーズタウンは進化中!
新たなファンに出会うチャンスです。
ぜひ一緒に取り組んでいきませんか?

メーカーズタウンは、2022年7月に正式ローンチ予定です。(現在、サービスの実証実験中)サービスを随時ブラッシュアップしておりますので、「こんなアプローチはできる?」「こんな企画をやってみたい!」などのご要望も受付中です。「話を聞いてみたい」など、ご興味をもってくださった企業さまは、ぜひ下記宛先までお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら>>>
makerstown-support@cookpad.com

メーカーズタウンを通じて、企業の皆さまのファンベース・マーケティングをサポートできれば幸いです。
これからもメーカーズタウンの更新情報や、皆さまに役立つ情報をお届けしていきます。お楽しみに!



この記事が気に入ったらフォロー

ニュースレター登録で最新情報をお届けします!





著者情報

著者アイコン
原田 幹也
広告代理店での企画営業を経て、2018年クックパッド入社。生活者視点を大切にした、大手流通・食品メーカーの宣伝販促の経験をふまえ、現在はメーカーズタウンのマーケティング全般を担当。美味しいものは大好物、エンゲル係数は高め。