顕著な世代差。「高付加価値商品」について年代別に調査

顕著な世代差。「高付加価値商品」について年代別に調査

クックパッド社が提供する「食のデータレポート」では、250本以上のレポートの中からお好きなレポートをダウンロードし、提案資料などにご活用いただけます。今回は本サービスのレポートの中から、クックパッドユーザーを対象とした「高付加価値商品」に関する調査レポートの一部をご紹介。検索だけでは見えてこない、今の生活者のリアルな意識ベースの理解にお役立ていただけます。
※高付加価値商品に関する調査レポートはこちら:https://foodclip.cookpad.com/datareports/exclusive/datareportpage87/

調査概要

調査方法:インターネット調査
調査地域:全国(日本国内)
調査対象:クックパッドメルマガ「モニまが(※)」登録会員
有効回答数:2,867s
調査期間:2022年8月23日〜8月29日 
調査主体:クックパッド株式会社
ページ数:19ページ 

※クックパッドの情報を発信するメールマガジンのことです。約90万人にご登録いただいています。

全年代で購入経験のポイントが高いのは「プレミアムビール」

15622_image01.jpg

※有償提供のレポート画像のため加工して掲載しています。

直近1年間に購入したことのあるプレミアム商品について年代別でみると、全体で最もポイントが高かった「ビール」は、年代が上がるほど購入者が多い傾向にあり、60代では半数近い人が直近1年間で購入していました。

一方、20代と30代の若年層では、ビールよりも「アイス類」「お菓子・デザート類」のポイントが顕著に高く、アルコールに執着しない現代の若者像が垣間見えます。
全体的に嗜好品のポイントが高い傾向にありますが、普段の食材といえる「油」「お米」に関しては、他年代と比較して70代で顕著に高い結果となりました。

世代差による「価値を感じること」の違い

15622_image02.jpg

※有償提供のレポート画像のため加工して掲載しています。

価格が高くても買おうと思う商品の特徴について、年代別では「国産であること」が全年代で最もポイントが高い結果となりました。年代が高くなるほど「国産であること」はより高ポイントとなり、特に70代以上は顕著です。

「信頼できる生産者・企業・団体が作っていること」についても、年代が高くなるほど高ポイントとなっており、年代差が顕著にでています。高齢層にとって、生産者や企業(メーカー)の情報は重要であることに対して、若年層はあまり重要視していないようです。

一方で「クチコミなど評判がいいもの」「話題性のあるもの」については、年代が低いほど高ポイントとなり、特にクチコミに関しては、20代以下では44.7%の人が価値あるものとして評価しています。今後、ますますSNSマーケティングが重要となってくることがうかがえます。

全19ページの「高付加価値商品」に関する調査レポートから、最新の生活者動向がわかります

15622_image03.jpg
実際のレポートでは、このほかに「継続して購入しているプレミアム商品」についてなども聴取しています。

食のデータレポート」では、記事でご紹介したレポートをはじめ、クックパッドユーザーへの独自調査や調理実態、トレンドの芽などさまざまなレポートをご用意。サービスにご登録いただくと、各プランに合わせて、毎月お好きなレポートをご利用いただけます。(ダウンロード数の上限あり)


【期間限定!登録不要】サンプルレポート公開中

ご提供中の食のデータレポートの中から、期間限定でサンプルをご用意しました!ご登録は不要ですので、ぜひご覧ください。

13578_image03.jpg

「コロナ後のキッチン家電購入意向」レポート

食のデータレポートとは?

利用者数約5,200万人、日本最大の料理レシピサービス 「クックパッド」に蓄積された検索動向を元に、 最新の生活者ニーズをFoodClip編集部がレポート化し、ご提供するデータサービスです。 商談資料や商品開発・販促企画のヒントにご活用いただけます。


12933_image04.jpg

食のデータレポートが選ばれる理由

■日本最大レシピ数約377万品超の料理レシピサービスのデータベース
 月間約5,200万ユーザーのビックデータで「調理者の課題」や「食卓のいま」がわかります。

■データだけでは見えない生活者のリアルなインサイト
 著しく変化する生活者の購買・調理行動・意識がわかる!1998年3月開設以来蓄積された検索データや調理データ、クックパッドユーザーへのアンケート調査がベース。

■毎月10本程度追加更新
 現在のダウンロード可能レポート数271件

※レシピ数、利用者数等は記事公開時点の数値となります

レポート数のべ250本以上が利用可能。
検索頻度やコロナ後の生活者データなど
注目の8カテゴリ

ご利用いただけるデータは、クックパッドユーザーへのインターネット調査結果をはじめ、クックパッドに蓄積された検索データや調理データなどをご用意しています。著しく変化している生活者の購買・調理行動・意識データをぜひ皆さまのビジネスシーンでもご活用ください。

8_category.jpg

検索頻度レポート一覧はこちら
 例)「電気圧力鍋」の検索頻度レポート

独自調査レポート一覧はこちら
 例)「フライパン」の検索頻度レポート

食卓レポート一覧はこちら
 例)料理をする理由・料理重視点・料理のスキル調査

調理実態レポート一覧はこちら
 例)「時短」の調理頻度レポート

注目キーワードレポート一覧はこちら
 例)トレンドの芽をチェック! 2021年12月注目キーワード

カオスマップ掲載リストレポート一覧はこちら
 例)2021年レストランテックカオスマップ掲載リスト213

閲覧データレポート一覧はこちら
 例)年別「韓国料理(ヤンニョムチキン・キンパ、キムチ)」の閲覧データレポート

グローバルデータレポート一覧はこちら
 例)グローバルデータレポート「インドネシア」

食のデータレポートで
著しく変化する生活者の動向を知り、
社内の情報共有や商談資料に

最新の生活者ニーズを得られる「食のデータレポート」サービス。最先端のトレンドやクックパッドの独自調査レポートがダウンロードいただけます。ダウンロードしたデータは、出典元を明記の上、社内利用はもちろん商談資料としてもご活用可能。会議や情報共有などにお役立てください。


「食のデータレポート」の詳細はこちら。ぜひ、ご覧ください!

12933_Inquiry_button.jpg



この記事が気に入ったらフォロー

ニュースレター登録で最新情報をお届けします!



著者情報

著者アイコン
FoodClip
「食マーケティングの解像度をあげる」をコンセプトに、市場の動向やトレンドを発信する専門メディア。
月2-4回配信されるニュースレターにぜひご登録ください。 
登録はこちら>>> https://foodclip.cookpad.com/newsletter/
twitter : https://twitter.com/foodclip