九州の菓子はここから誕生?シュガーロードってどんな道

九州の菓子はここから誕生?シュガーロードってどんな道

和菓子メディア「せせ日和」を運営している「せせなおこさん」に、和菓子を通じて日本の文化や歴史を教えてもらう新連載!読んで学んで、和菓子をもっと身近に感じてくださいね。

お菓子の旅に出かけよう!

初めまして。和菓子女子として活動しています、せせなおこです。
小さい頃から和菓子が大好きで、好きな食べ物を聞かれると「大福と団子!」と答えていました。

そんな私が本格的に和菓子活動を始めたのは6年前。大好きな和菓子屋さんが高齢を理由に辞めてしまう、というのを聞いたのがきっかけでした。もしここのお店を私が継いだとしたら、このお店は残るかもしれない。だけど、日本全国でこうやって和菓子屋さんがどんどんなくなっていってるのではないか…。

大好きな「大福」をいつまでも食べ続けるために、和菓子を守っていきたい!そう思った私は全国各地を飛び回り、地域に根付く文化や歴史とともに和菓子を伝えていくことを決意しました。

そして、もう一つ和菓子を好きな理由があります。2月に食べる和菓子「椿もち」を初めて食べた時のこと。このお菓子は「源氏物語」にも登場していて和菓子の起源ともいわれています。平安時代の人たちと同じものを食べているのか!と昔と今が線でつながった気がして、とてもワクワクしたのを覚えています。

5011_image01.jpg日本全国を旅するように、そして「ドラえもん」のタイムマシーンのように、過去と今、そして未来がつながっていることを実感できる、そんな連載になったらいいな、と思っています。

砂糖の通り道、その名も「シュガーロード」

さて、まずタイムスリップして向かうのは江戸時代の九州。「大福」好きな私ですが、生まれ育った九州には「大福」や「どら焼き」といった文化があまり根付いていません。その代わり、「カステラ」や「丸ぼうろ」といった南蛮菓子が多く存在します。これらの歴史を紐解いていくと、たどり着くのが「シュガーロード」です。さて、いったい「シュガーロード」とはどんなものなのでしょうか?

鎖国をしていた江戸時代、海外との唯一の窓口がありました。それは、長崎県・出島(でじま)。そして、その出島にスペイン、ポルトガル、中国から渡ってきたのが砂糖や南蛮菓子です。それらは長崎から佐賀を通り、福岡・小倉(こくら)までを結ぶ「長崎街道」を通り、大阪や江戸へと運ばれていきました。砂糖の通る道、長崎街道は砂糖の道「シュガーロード」と呼ばれるようになりました。

長崎街道は九州各地の大名たちが参勤交代や警備、オランダ商館長が海外からの品々や文化を運ぶための街道として栄えました。街道は五十七里(約224km)あり、二十五の宿場町がありました。砂糖が運ばれた街道周辺では砂糖、そしてお菓子作りの技法も入手しやすかったといわれています。

このシュガーロードは日本国内で最も最先端の文化が芽生えていたとされ、多くの銘菓が誕生しました。また、そのお菓子が次のお菓子へと発展していき、お菓子の世界に革命が起こったともいわれています。江戸時代、砂糖は貴重なものでしたが、シュガーロードを辿り出島から砂糖が入ってくる長崎においては、お菓子にも料理にもたっぷりの砂糖が使われていました。400年以上もの時をかけて、今もなお砂糖、そして発展し続けるお菓子の文化に触れることができます。

シュガーロードから生まれた和菓子

では、具体的にシュガーロードから生まれた和菓子にはどんなものがあるのでしょうか。一番有名なものでいうと「カステラ」。カステラから生まれた「カスドース」。そして意外にも「中華菓子」。鎖国下でも長崎では中国との貿易が認められ、たくさんの中国人が住んでいて、中華菓子の文化も残っています。

さらに、「丸ぼうろ」というポルトガルの「ボーロ」に由来する九州では馴染みのあるおやつや、中身が空洞のおまんじゅう「逸口香(いっこうこう)」。お米を使った生地で作る「白玉饅頭」や「けいらん」。通りに20軒もの羊羹屋が軒を連ねる羊羹の街、カステラ生地からできた「カステラ饅頭」「ひよ子」「千鳥饅頭」といったおまんじゅう類など、次から次へとお菓子の名前がでてきます。

海外から入ってきた文化にアレンジを加えた特徴のある和菓子が、溢れんばかりに出てきて、これはもうニヤニヤが止まりません!

5011_image02.jpg
そんなわけで、シュガーロードから生まれた和菓子をひとつずつ取り上げて探っていきたいと思います。日本の伝統文化である和菓子。しかし「和菓子」という言葉が浸透したのはなんと戦後。新しい、と思っていた文化が昔からあるものだったり、逆に、古くからあると思っていたものが最近のものだったり。まだまだ知らない古くも新しい文化にワクワクしながら学んでいけたらいいなと思います!

次回は長崎名物「カステラ」。カステラって和菓子なの?洋菓子なの?そんな疑問も解決していこうと思います。楽しみにしていてくださいね!





著者プロフィール

著者アイコン
せせなおこ
あんこが大好きな和菓子女子。和菓子を好きになったきっかけはおばあちゃんとつくったおはぎ。小さな和菓子に日本の文化や歴史が反映されているのに魅力を感じ、和菓子を発信すべく和菓子メディア「せせ日和」を運営。商品開発や和菓子専用のコーヒーのプロデュースもしています。
せせ日和:http://sesebiyori.com/