[書評コラム]ばあちゃんの幸せレシピ(中村優)

[書評コラム]ばあちゃんの幸せレシピ(中村優)

レシピ本以外の食の本を集めて紹介していく、食の書評コラム[BookClip]。今回は少し前の書籍ながらまったく色褪せない中村優さんの「ばあちゃんの幸せレシピ」をご紹介します。

本書の概要

キャリーバッグひとつで世界中を旅しながら、料理上手で美しいシワを持つばあちゃんを探す中村優さんの2017年発行の本書。

3年かけて世界15ヵ国で100人以上のばあちゃんとの出会い、これまでの人生のエピソードを聞きながら、ばあちゃんのオリジナリティ溢れる料理に触れていく旅行記のようなエッセイ。

私が次から次へと、遠い、知らない土地を訪れるのは、自分の足でその土地に立って、色を見て、匂いを嗅いで、肌で感じて、そこにあるすべてを味わうことで、言葉では容易にカテゴライズできないその存在を捉えてみたいからだと思う。
世界じゅうを旅していると、人一倍美しいシワを顔じゅうに集めたばあちゃんに出会うことがある。そのシワに魅せられて、いつしか旅先で「ばばハント」(ばあちゃんをハンティングすることを私はこう呼んでいる)をするようになっていた。
素敵なシワのばあちゃんを見つけると、私はお腹を空かせた野良猫のようにすり寄って、その後ろをついて行く。そして扉が開くとするりと台所に上がり込み、料理をするばあちゃんの隣で包丁片手に日がな一日おしゃべりをして、テーブルに載せられたご飯を一緒に頂くのだ。
                                  (プロローグより)

全ページカラー印刷で、世界中のばあちゃんの笑顔と人生エピソード、そして巻末にはオリジナリティ溢れるレシピを見ることができる。なかなか旅行にいけない今こそ読みたい、パワーがもらえる一冊。

ばあちゃんのレシピから、
“ずっと愛される料理”とは何かを考える

一大ブームを巻き起こすような「トレンドレシピ」が考案できたり商品が開発できたらいいなと思いながらも、ずっと愛されるロングセラー商品やレシピが作れたら、これ以上に嬉しいこともないな、と思う。

本書で紹介されている世界各国のばあちゃんのレシピは、n1かもしれないけれど、ライフステージや環境が変わっても何度も作りたくなる「ロングセラーレシピ」。そんなずっと愛されるレシピには共通点はあるのか?と思いながら読み進んでいくと、少なくともどれも簡単や時短という機能的価値では括れないものばかりだった。

もうひとつ共通点があるとするなら「食べ手」がいること。食べてくれて、その反応を見るのが嬉しいから作るといったエピソードをたくさん確認できた。

何度も作りたくなるレシピとは、作り手だけではなく「食べ手」がいてこそであり、その時の表情や会話が一番のポイントなのかもしれない。

旅行はおろか、長距離移動を伴う家族にも会いにいけない世の中になって1年ほどが経つ。
本書で登場するチャーミングな彼女たちの表情がとても懐かしくて、どんなに電話やオンラインで繋がっていても、やはり”ばあちゃんに会いたいな”という気持ちにもなった。

この危機的状況が落ち着いたら、真っ先に近くの「ばあちゃん」に会いにいこうと思う。

本書の目次タイトル

prologue

【Chapter1 愛さればあちゃんの下ごしらえ】
マリアローズのかぼちゃジャムとアレトリア
満子さんの厚焼き
メッタさんのコラキャンダ
[column1. 旅の準備]
行き先は直感で
お金の行方

【Chapter2 自分らしさは味付け次第】
圭子さんのおせち料理と錦卵
小枝子さんのニシン鮨
ミチコさんのコスラエスープ
[column2.旅の準備]
ばあちゃんの見つけ方

【Chapter3 人生、煮るなり焼くなり】
マノリータのカルドガジェゴ
ルスダンさんの謎の料理
達子さんの小煮しめ
[column3.旅の準備]
スーツケースの中には
Hello world!

【Chapter4 お腹を満たすのは好きな人】
富珠さんの炒米粉
つんこ先生の起舟御膳
ノーイさんのチリペースト
マリニーさんのカノム・ジン・ナム・ヤー
[column4.中村優と僕]
Hello world! by cooking

【Chapter5 旅、時々、ばあちゃんの味】
アリシアさんのパエリア
あさのさんの葬式うどん
清子さんのはっさくデザート
好子さんの焼き鳥
黄英妹さんの芋裸
鍾黄喜妹さんの鳳梨豆腐炒地瓜葉
チャッドチョムさんの プリック・カー・クルア
[column5.中村優と僕] 
Hello world! by editing

【Chapter6 幸せレシピのおすそわけ】
とびきりおいしいを分かち合う YOU BOX
世の中をシワシワに! 40creations

【Chapter7 ばあちゃんから受け継ぐ人生レシピ】
てまひまかけた おもてなしの厚焼き
にやにやぐるぐる 右回しのカボチャジャム
いつでも迎えられる 保存のカレーペースト
おいしく体を整える おもいやりの緑のおかゆ

epilogue

[著者]中村優
1986年生まれ。『40creations』代表。これまで34ヶ国以上の台所に立ち、英語とスペイン語と少しのタイ語を話す。現在は拠点をバンコクと東京に置いて活動中。大学時代にさまざまな国をまわる中で「食は国境や世代を超えて人々を笑顔にする」ことを実感。複数の企業からスポンサードを受けて『The Best Smile from World Kitchen』プロジェクトを立ち上げ、世界の家庭をまわりながら食を通じて異文化交流を重ね、家庭料理を学ぶ。





著者プロフィール

著者アイコン
渥美まいこ
FoodClip編集長。ストラテジックプランナーを経て現職、好きな料理はベトナム料理。
https://note.com/atsumimaiko
https://twitter.com/atsumi_maiko