ママトレンド2021予測&2020トレンドランキング

ママトレンド2021予測&2020トレンドランキング

トレンダーズ株式会社が、小学生以下の子どもを持つママたちへの調査をもとに「2021年のトレンド予測&2020年のトレンドランキング」を発表しました。FoodClipでは、食部門で発表されたトレンドランキングを紹介します。

小学生以下の子どもを持つママたちへ調査

「トレンドを捉え、新しい時代を創る」をミッションに掲げるトレンダーズ株式会社は、独自に抱えるインフルエンサーネットワーク「LIN(Life-Influencers Network)」のうち、小学生以下の子どもを持つママ会員156名を対象に、トレンドに関する調査を実施。「2021年のトレンド予測」および「2020年のトレンドランキング」として発表しました。

食、美容・健康、サービス・雑貨、エンタメ、有名人、の5つの部門別に発表された「2020年のママトレンド」の中から、FoodClipでは食部門で発表されたランキングTOP10について紹介します。


7815_image01.jpg


ウイルス対策も兼ねた健康志向の高まりから、食に関しては「発酵食品」や「腸活」といった免疫力アップが期待されるもののブームが再燃の兆し。

また、子どもたちの自宅学習は、今後も上手く取り入れたいと考えるママが多く、楽しく学べる「教育系YouTuber」や「知育お菓子づくり」の人気が高まりそうです。これまではおうち時間の充実は子ども主体であることが多かったですが、今後は「おうちエクササイズ」や「オンラインレッスン」といった、ママ自身のための時間を充実させるコンテンツも広がりをみせそうです。

従来のおうち時間は「リラックス」という位置づけにありましたが、2021年は「健康」や「学び」という意味合いを増し、適度にストイック化していくことが予想されます。

食部門のママトレンド2020

7815_image02.jpg

ママトレンド2020食部門のランキングTOP10をみていきましょう。

1位の「シャインマスカット」は、スーパーやコンビニで特設コーナーが設けられ、手軽に入手できるようになったことで、贈答品やご褒美スイーツの新定番となりました。2位には「エコバッグ」がランクイン。いまやママファッションの一部とも言えるほど、お洒落なデザインが増えてきました。

3位の「出前サービス」と4位の「ネットスーパー」は、コロナ禍の影響から急速に浸透しました。5位には「おうちカフェ」が入っていますが、自粛期間中に親子で手作りするスイーツやパンが爆発的に人気を博したことで、一時はスーパーからホットケーキミックスやバター、クリームチーズが姿を消すという騒ぎにもなりました。

その他、「プロテインin食品」や「オートミール」といった、健康を意識した食品がランクインするほか、ほったらかし調理を実現してくれる便利な調理家電である「自動調理鍋」にも人気が集まったようです。



writing support:Emiko Tanaka





著者情報

著者アイコン
FoodClip
「食マーケティングの解像度をあげる」をコンセプトに、市場の動向やトレンドを発信する専門メディア。月1-2回配信されるスロー・ニュースレターにぜひご登録ください。