コロナ後、お酒好きの飲酒頻度は週3〜4回が72.0%

コロナ後、お酒好きの飲酒頻度は週3〜4回が72.0%

クックパッドユーザーを調査対象とし、コロナ禍の前後で生活者の飲酒実態がどのように変化したか、飲酒にまつわるお困りごとは何かなどを調査レポートとしてまとめました。


調査概要
・調査方法:インターネット調査
・調査地域:全国(日本国内)
・調査対象:クックパッドメルマガ「モニまが(※)」登録会員
・有効回答数:2,162s(※19歳以下除く)
・調査期間:2021年1月22日〜25日
・調査主体:クックパッド株式会社

※モニまが:クックパッドの情報を発信するメールマガジンです。約90万人にご登録いただいています。

好意度によって飲酒頻度に大きな差

8463_image01.jpg

「お酒の飲酒頻度」をお酒好意度別でみると、お酒が「とても好き」と回答した層の飲酒頻度は「ほぼ毎日」が56.1%で、「週3〜4回以上」が72.0%という結果に。

一方で、「どちらともいえない」と回答した層の飲酒頻度は「ほぼ毎日」が2.8%で、好意度によって頻度に大きな差があることがわかります。

「ほぼ毎日」はコロナ後も変化はなく、
「ほぼ飲まない」は5.9%増加

8463_image02.jpg

コロナ前(2020年3月以前)と現在(直近3ヶ月)の飲酒の頻度について調査したところ、「ほぼ毎日」の差分は+1.1%と目立った変化はなく、「ほぼ飲んでいない」はコロナ後は5.9%増加しています。

お酒はもっぱら仕事帰りに外でコミュニケーション目的に飲んでいた層を中心に、外での飲食機会が減ったことで飲酒頻度も減っていることがわかります。


お酒を飲む頻度が増えた理由としては、以下の回答が集まりました。

・家族が自宅でお酒を飲むようになり一緒に飲むようになった
・自宅の食事が豪華になって、お酒も楽しむようになった
・自宅にいる時間が増えて暇なのでつい手にとってしまう

そのほか、本レポートでは「飲酒の頻度」を年代別で分析したり、お酒を飲む頻度が増えた理由や減った理由などをまとめています。

全ての調査データを見るには

最新の生活者ニーズをお得な定額価格で「食のデータレポート」としてご利用いただけるサービスをスタートいたしました。

7955_image03.jpg

国内利用者No.1のレシピサービス「クックパッド」に蓄積された利用者データを、毎月定額でダウンロードしてご利用いただけるサービスをスタートしました。

本記事でご紹介したコロナ前後の購入食品や利用サービスのアンケート結果についても、詳しいレポートをご覧いただくことができます。ダウンロードしたデータは、出典元を明記の上、ご商談資料などにご活用いただくことが可能です。

検索頻度のデータや
コロナ後の生活者データが30本!

ご利用いただけるデータは、クックパッドユーザーへのインターネット調査結果をはじめ、クックパッドに蓄積された検索データや調理データをご用意しています。著しく変化している生活者の購買・調理行動・意識データをぜひ皆さまのビジネスシーンでもご活用ください。

  • 「子供の日・母の日」の検索頻度レポート
  • 「おつまみ」の検索頻度レポート
  • 「ダイエット・糖質制限」の検索頻度レポート
  • 「フライパン」の検索頻度レポート
  • 「ランチ」の検索頻度レポート
  • トレンドの芽をチェック! 2021年2月注目キーワード
  • 2021年最新の「バレンタイン」の調理傾向
  • 2020年の「イースター・花見」の調理傾向
  • 2020年の「鍋」の調理傾向
  • 健康を意識した食生活に関するアンケート
  • コロナ前後での食×健康意識アンケート
  • 機能性表示食品に対する意識アンケート
  • コロナ前後の飲酒動向レポート
  • お酒の購入動向レポート
  • 気分別お酒の楽しみ方レポート
  • コロナ前後の男性の調理動向レポート
  • コロナ前後の料理頻度・料理の楽しさレポート


▼ダウンロードできるデータ一覧はこちら
https://foodclip.cookpad.com/datareports/





著者プロフィール

著者アイコン
FoodClip
「食マーケティングの解像度をあげる」をコンセプトに、市場の動向やトレンドを発信する専門メディア。月1-2回配信されるスロー・ニュースレターにぜひご登録ください。