コロナ後喫食が増えたのは納豆。20代では味噌が急成長

コロナ後喫食が増えたのは納豆。20代では味噌が急成長

クックパッドユーザーを調査対象とし、コロナ前後における健康を意識した食事の摂取頻度や、摂取が増えた食品について調査しました。年代別やユーザーの健康意識別に比較したレポートの一部をご紹介します。


調査概要
調査方法:インターネット調査
調査地域:全国(日本国内)
調査対象:クックパッドメルマガ「モニまが(※)」登録会員
有効回答数:2,173s
調査期間:2021年1月22日〜25日
調査主体:クックパッド株式会社
ページ数:26ページ

※モニまが:クックパッドの情報を発信するメールマガジンです。約90万人にご登録いただいています。

クックパッドユーザーで「健康に意識している」は76%

8489_image01.jpg

クックパッドユーザーの食生活における健康意識・運動実態・ダイエット実態を調査したところ、食生活において健康面を意識している人の割合は76%にものぼり、運動実態は週1回以上実施している人が40%以上を占めるものの、全くしない人も46%存在しました。

また、ダイエットについては実施している人が42.4%で、実施するつもりがない人が20%という結果に。

健康意識が高い層の14.4%が
コロナ後に健康に良いとされる食品の購入頻度が高まる

上記の分類を活用しながら、健康食品の摂取実態を意識別でみたところ、「かなり意識している」と回答した層では「量や頻度は増えた」が14.4%と増加傾向。健康への意識の差で、摂取頻度に大きな差があることがわかりました。


8489_image02.jpg

コロナ後に喫食が増えたのは「納豆」や「ヨーグルト」
20代では「味噌」「野菜ジュース」が成長

8489_image03.jpg

また、コロナ後に摂取するようになった食品を年代別でみると、全年代で「納豆」が強く、3割を超えています。特に顕著なのが20代で39%と、全年代の中で最も高い値になりました。

他の食品でも発酵食品が強く「ヨーグルト」は年代が高まるにつれて購入頻度が高まっていたり、20代で特徴的なのは「味噌」で30%を超えていることがわかりました。

全ての調査データを見るには

最新の生活者ニーズをお得な定額価格で「食のデータレポート」としてご利用いただけるサービスをスタートいたしました。

7955_image03.jpg

国内利用者No.1のレシピサービス「クックパッド」に蓄積された利用者データを、毎月定額でダウンロードしてご利用いただけるサービスをスタートしました。

本記事でご紹介したコロナ前後の購入食品や利用サービスのアンケート結果についても、詳しいレポートをご覧いただくことができます。ダウンロードしたデータは、出典元を明記の上、ご商談資料などにご活用いただくことが可能です。

検索頻度のデータや
コロナ後の生活者データが30本!

ご利用いただけるデータは、クックパッドユーザーへのインターネット調査結果をはじめ、クックパッドに蓄積された検索データや調理データをご用意しています。著しく変化している生活者の購買・調理行動・意識データをぜひ皆さまのビジネスシーンでもご活用ください。

  • 「子供の日・母の日」の検索頻度レポート
  • 「おつまみ」の検索頻度レポート
  • 「ダイエット・糖質制限」の検索頻度レポート
  • 「フライパン」の検索頻度レポート
  • 「ランチ」の検索頻度レポート
  • トレンドの芽をチェック! 2021年2月注目キーワード
  • 2021年最新の「バレンタイン」の調理傾向
  • 2020年の「イースター・花見」の調理傾向
  • 2020年の「鍋」の調理傾向
  • 健康を意識した食生活に関するアンケート
  • コロナ前後での食×健康意識アンケート
  • 機能性表示食品に対する意識アンケート
  • コロナ前後の飲酒動向レポート
  • お酒の購入動向レポート
  • 気分別お酒の楽しみ方レポート
  • コロナ前後の男性の調理動向レポート
  • コロナ前後の料理頻度・料理の楽しさレポート


▼ダウンロードできるデータ一覧はこちら
https://foodclip.cookpad.com/datareports/





著者情報

著者アイコン
FoodClip
「食マーケティングの解像度をあげる」をコンセプトに、市場の動向やトレンドを発信する専門メディア。月1-2回配信されるスロー・ニュースレターにぜひご登録ください。