検索頻度レポート

「カレー」の検索頻度レポート2022

2023.4.7

幕末に日本に伝わり、明治時代に洋食店が続々とオープンして、日本全国に広がっていったカレー。戦後、家庭で使いやすい固形のカレールーが発売されると、一気に家庭の定番メニューとなりました。このレポートでは、国民食ともいえるカレーの検索頻度の推移や組み合わせ分析結果をふまえ、どのようなニーズがあるのかレポートします。

調査概要
キーワード:カレー・スパイスカレー・バターチキンカレー・キーマカレー・カレー炒め・ビリヤニ
値の種類:SI値(検索頻度)
集計単位:年・月
調査期間:2018年〜2022年
調査会社:クックパッド株式会社
ページ数:18ページ

調査結果の引用・転載について

  • 本レポートの著作権は、クックパッド株式会社が保有します。
  • 引用・転載される際は、必ず「cookpad user research」と出典を明記してご利用いただくようお願いします。
  •  ロゴはhttps://advertising.cookpad.com/logo_cookpad_userresearch.zipからダウンロードしてご利用ください。
  •  -WEBの場合、 https://ad.cookpad.jp/へのリンクを貼ってください。
  •  -資料の場合、 https://ad.cookpad.jp/ のURLを記載してください。
  • その際、引用・転載される旨を当社の申請フォーム( https://go.pardot.cookpad.com/data-permission )からご一報ください。
  • 調査の内容の一部または全部を改変して引用・転載することは禁止いたします。
  • 自社商品の宣伝・広告・販促を目的とした使用を検討されている場合は、必ず事前に当社までご相談ください。
  • 引用・転載されたことにより利用者または第三者に損害その他トラブルが発生した場合、当社は一切その責任を負いません。